幼児の能力とその開発について

ヒナッペは「チューリップ」が弾けるようになりました。と言っても、保育園で遊びながら覚えたみたいで。家でもおもちゃピアノを弾いてくれましたが、私は1音のミステイクにもヒステリカルになってしまってダメですね。保育園のおともだちに、お母さんがピアノの先生で、お母さんに習っているヒトがいるんですけど、私には到底無理な話です。。。そういえば、私が通っていた幼稚園、年中の時はフツーのハーモニカを練習してたけど、年長になると2段式(つまり半音もすべて出る!)を練習してました。週に1回、ハーモニカの先生が来てたんですよ。今思えば、すごく難しいことをしていたんですね。あと、身内伝説になっていますが、私、6歳でハ短調の「宇宙戦艦ヤマト」(古いな〜!)を園の何かの会で弾きました。今のヒナッペと同じくらいなので、やっぱり幼児期の訓練って、ものすんごいなぁと思います。それがオトナになってどうのこうのというワケではありませんが、あの吸収力はオトナにはないものだと言えます。
保育園は幼稚園と違って、教育的なコトはほとんど何も。指遊びなんかしてるのを見ると、何だかチャイルディッシュな気もするのですが、ウンと遊び、ウンと昼寝することも、ポジティブでイイのでしょうね。幼稚園から英語なんてのも私はキライですから。コドモを通訳にでもしたいのなら別ですけど。。。

今日の晩ご飯:豆カレー(煮込み豆の残りをカレーに)・シチュー風(昨日のビシソワーズをもとに)・カレイとネギの煮付け・サツマイモサラダ・おから煮

カレーとシチュー。。。